テレビのみ 引越し

 

突然ですが、「自分でテレビを引っ越す場合の梱包方法や運び方を知りたい!」と困っていませんか?

  • 自分でテレビを運ぶ場合はどうやって梱包すればいいの?
  •  

  • 自家用車にどうやって積み込めばいいの?
  •  

  • 自分でテレビを運ぶ場合の注意点は?

これらの悩みを元引越し業者が、全て解決します!


 

自分でテレビを運ぶ場合はどうやって梱包すればいいの?

 

テレビはとてもデリケートな家電なので、本来は買ったときのダンボールに入れて運ぶのがベストです。しかし大抵の方は箱を捨ててしまっていると思いますので、テレビに傷がつかないように緩衝材などでしっかり梱包し、その上から毛布などで包み込んで輸送中の振動や衝撃を与えないようにして運びます。

 

テレビの梱包手順

手順

  1. テレビの足の部分を小さめの緩衝材で包む
  2. 大きな緩衝材でテレビの画面を覆うように梱包する
  3. 毛布を広げて緩衝材を包んだテレビをのせて包み込み紐で縛る

 

緩衝材の上から毛布で包み込むことでテレビへの衝撃を減らせます。また、テレビの角などが他の荷物に当たって破損する危険性も減るので、テレビの硬さを感じない程度になるまで緩衝材と毛布で包むようにしてください。

 

自家用車にどうやって積み込めばいいの?

車種

テレビの大きさ

軽自動車

32~40インチ

ミニバン

50インチまで

軽トラ

60インチ以上

※60インチ以上は自家用車では厳しい可能性があります。

 

テレビは車の荷台に立てた状態で積み込みます。テレビは立てて見る家電なので、横にして置くことを想定して作られていません。このため、横にしてしまうと移動中の振動がテレビにとって負担となり壊れる可能性があるので注意してください。

 

ミニバンなどの天井が高い車であれば、50インチくらいまでのテレビを積み込むことができます。但し、軽自動車を使う場合は32~40インチ程度までですので注意してください。また60インチ以上のテレビは自家用車では厳しい可能性があるので、軽トラックなどをレンタルしましょう。

 

テレビを自家用車に積む方法

ここでは自家用車でテレビを運ぶ場合の積み込み方法をご紹介します。

積み込み方法

  1. 梱包したテレビを立てた状態で荷台に積み込む
  2. 車の荷台にフックがある場合はテレビとフックをロープで固定する
  3. フックがない場合はテレビの周囲に布団などの柔らかいものを詰め込む

 

テレビを積み込むときのポイントはテレビが動かないように柔らかいものを周囲に詰め込むことです。布団、クッション、マットレス、まくら、などを多めに用意し、テレビの周囲を隙間なく埋め込みましょう。こうしておけば車の振動がテレビに伝わりにくくなり、倒れて壊れる心配もありません。ロープで固定した場合も必ず周囲に柔らかいものを積み込みましょう。

 

自分でテレビを運ぶ場合の注意点は?

 

テレビを運ぶ際の注意点は以下の通りです。

注意点

  • 配線を外す前に写真を撮っておく
  • 外した配線やリモコンなどを紛失しない
  • 搬出・搬入の時は立てたまま運ぶ
  • 運ぶ時は2人で作業する

 

配線を外す前に写真を撮っておく

 

テレビを運んだ後にすぐ接続できるよう配線の写真を撮っておきましょう。AV機器の接続が苦手だと外してしまった配線を戻せなくなることがありますが、テレビの裏側とデッキの裏側の写真を撮っておくと写真を見ながら元通りに戻せるのでとても便利です。

 

テレビは接続方法を誤ると正常に映りません。デッキの接続を誤れば録画もできなくなります。AV機器の接続に自信がない方は、必ず配線を外す前の状態を鮮明に撮影しておきましょう。

 

外した配線やリモコンなどを紛失しない

 

TVに付属している配線やリモコンをなくしてしまうとTVが見られなくなるので注意してください。TVから配線を抜いたら全てを1つの袋にまとめておきましょう。リモコンも同じ袋に入れておけばなくしてしまうことはありません。

 

TVを動かして梱包するのに夢中になると、つい付属品の存在を忘れてしまうことがあります。配線は何本もありますが、1本でもなくしてしまえばTVが正常に映りません。リモコンもTVの操作に欠かせませんので、すべての付属品を紛失しないように注意してください。

 

搬出・搬入の時は立てたまま運ぶ

 

前述した通り、テレビは立てたまま運ぶのが好ましい家電です。このため、部屋から車への移動の際にも縦にしたまま運ぶのが基本です。横にして運んだほうが持ちやすいのでつい横にしてしまいますが、故障の原因になるので必ず立てたまま運ぶようにしましょう。

 

運ぶ時は2人で作業する

テレビの大きさ

重さ

32インチ

10㎏前後

40インチ

20㎏前後

 

テレビはとても重いので、運ぶ時は2人で作業をしてください。薄型のテレビはとても軽そうに見えますが、32インチが10kg前後、40インチなら20kg前後の重量があります。これだけ重いものを1人で立てたまま運ぶのは危険です。テレビの前と後ろを1人ずつが持つようにして必ず2人で運びましょう。

 

テレビは落としてしまえばかなりの確率で故障します。液晶が割れてしまえば修理費はテレビの購入代金の半分近くになることもあるので注意が必要です。

 

テレビは正しい運び方を実践すれば簡単に運べる!

 

テレビは他の家電に比べて奥行きがないので、正しい運び方を実践すれば意外と簡単に運ぶことができます。ポイントは立てたまま運ぶこととしっかり梱包することです。自分の車に立てたまま載せることができる方は、是非自分で運んで運搬費を節約してみましょう。